TEAP/TEAP CBT テストとは?

TEAPテストとTEAP CBTテストの二種類があります。

TEAPおよびTEAP CBTは主に高校3年生を対象とした大学受験に臨む学生の英語力をテストする目的で問題が設定されています。テスト構成は「大学教育レベルにふさわしい英語力」を測るうえで適切な設計となり、内容はすべて大学生活で遭遇する可能性の高いシチュエーションをよりリアルに作り出しています。難易度の目安は、英検準2級〜準1級程度。日本の高校3年生の英語を測定するのに最適なレベルとなっております。

どちらも試験が年3回開催され、同じくどちらも合否は無ありません。

試験結果は4項目(ライティング・リーディング・リスニング・スピーキング)の判定基準ごとにTEAPは400点満点、TEAP CBTは800点満点となり、スコアまたはバンドで表記されます。

TEAP/TEAP CBTの違い 利用者の総合的な英語力を正確に測定するために、4技能のカテゴリーから構成しています。利用者の総合的な英語力を正確に測定するために、4技能のカテゴリーから構成しています。利用者の総合的な英語力を正確に測定するために、4技能のカテゴリーから構成しています。利用者の総合的な英語力を正確に測定するために、4技能のカテゴリーから構成しています。利用者の総合的な英語力を正確に測定するために、4技能のカテゴリーから構成しています。利用者の総合的な英語力を正確に測定するために、4技能のカテゴリーから構成しています。

TEAP CBT ペーパーテスト R・70分 L・約50分 W・70分 S・約10分  スコア 各100点満点 Score : 100 points each Multiple questions will be asked. Computer test R: about 80 minutes L: about 40 minutes W: about 50 minutes S: about 30 minutes Score: 200 points each

TEAP/TEAP CBT Official Site ←クリックしてください。

関連ブログ…

英検受験、時間変更のお知らせ

英検受験、時間変更のお知らせ 第二回検定実施日・10月5日(土曜日) この度、 誠に勝手ながら当塾の都合で受講時間を変更させて頂きました。 大変申し訳ございません。 2級  ...

続きを読む
EV SSL